『Juttok.』について

見て美しく、安らぎ感じる、新しい香りの暮らし

古来より伝わる、香の十の効用を記した「香十徳」。
この教えを現代のライフスタイルに結び付けたいという思いから「Juttoku.」は生まれました。

豊かな大地の恵みを敬い、優雅な香の配合を表現してきた先人たちの崇高な感性。
それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのものだと私たちは考えております。

「Juttoku.」は、“自然を愛で、香りを愛でる”日本の古からの香文化を未来へ紡いでまいります。

『見て美しく、安らぎ感じる、新しい香りの暮らし』。
日本の香文化を未来へ紡ぐJuttoku.を、どうぞお楽しみください。

香は 人に 徳をもたらす

日本でのお香の歴史は長く、伝来した当初は邪気をはらうために。その後、平安時代には、貴族たちの美しさの演出の一つになり、鎌倉時代には精神統一のために用いられ、江戸時代以降一般にも浸透して行きました。私たち日本人にとって古くから馴染み深いものです。これだけ大切に受け継がれて来たのは、「香には十の徳がある」と学び得たからでしょう。

香りで心を落ち着かせたり、お部屋を好きな香りで快適な空間にしたりと、香りを日々の暮らしの中に様々な形で取り入れるなど、香りを愛でる生活をそれぞれの時代の中で送っていました。

時は変われども、この「香十徳」の教えは、慌ただしく何かに追われる現代の私たちにこそ大切なものではないでしょうか。 心ときめく香りが誘う空間の中で、心身ともに安らぐ静かなひと時を過ごすことで感じ取れる喜びや幸せがあると思います。それは、悠久の時をこえて、先人たちも同じように香を焚きながら感じ得ていたことでしょう。

『香は人に徳をもたらす』。「Juttoku.」は日本の古からの香文化を未来へ紡ぎ、香りによる“心豊かな”暮らしをご提案してまいります。

  • お香
  • アロマオイル
  • ぽち袋
  • ギフトセット